開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で

24日付電子新聞は、韓国政府が、27日に開催される北朝鮮との首脳会談で南北の経済協力案の一つとして、開城工業団地の操業再開と同団地への外資誘致の提案を検討していると伝えた。 開城工業団地の「国際化」は、操業が中断された2013年以降、同団地の持続的な発展に向けた解決策…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(16:17)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(13:12)

CJ大韓、iHerbアジア物流拠点を誘致(18:22)

金融当局、サムスンに圧力 循環出資の早期解消求める(05/18)

大企業の不正相続・贈与を調査=国税庁(05/18)

海外に資産持ち出し脱税、刑事罰対象に(05/18)

韓自動車部品メーカー、欧州企業の持分取得(05/18)

サムスンが大立光電製を採用、カメラレンズ(05/18)

LG電子、イスラエルVCに出資(05/18)

三陽工業、ベトナムの工場跡地で不動産開発(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン