• 印刷する

プノンペンの浸水軽減へ、排水施設を増設

カンボジアの首都プノンペンは、大雨による浸水が発生しやすい現状の改善を目的として、排水ポンプ施設4カ所を増設する計画だ。これらの排水施設が完成すれば、排水能力は4倍に向上すると見込まれる。柬華日報(電子版)が伝えた。

首都政府は現在、カンボジア赤十字社本部や国道4号線チャオムチャウ環状交差点(ラウンドアバウト)周辺の水はけが悪く、浸水がなかなか解消しないため、排水路の浚渫(しゅんせつ)と拡張を進めている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

フィンテック協会が発足 関係機関と連携、起業家も育成(08/20)

1~6月の株式売買、外国人投資家が67%(08/20)

シハモニ国王、フン・セン首相の続投へ氏名(08/20)

クリスエナジー、油田開発の請負業者選定(08/20)

1~6月の商標認可2%増、外国企業が6割(08/20)

運送協会、航空貨物のペーパーレス化要請(08/20)

19年実施の国勢調査、政府が1000万ドル拠出(08/20)

政治評論家キムソク氏、突然の釈放(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン