三井住友カード、地場フィンテックに投資

マレーシアのフィンテック(ITを活用した金融サービス)ベンチャー事業者、ソフトスペースは23日、事業提携をしている三井住友カードからシリーズB(新興企業による第2段階の資金調達)で資金を調達したと発表した。

投資額は非公表。両社は、今回の投資で今後50年を見据えた日本および東南アジア諸国連合(ASEAN)での事業機会を探って行くとしている。

三井住友カードは昨年1月、ソフトスペースと決済サービスの提携で覚書(MOU)を交わした。また、同10月にはASEANで電子決済サービス事業を推進するパートナーシップの締結に合意している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:四季のない常夏の当地だ…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

手頃な住宅価格、州別設定を 5区分で最高50万リンギ=REHDA(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

コクヨ、デザインコンペのPRイベント開催(07/16)

RM=27.8円、$=4.05RM(13日)(07/16)

政府、独立系発電事業者との4件の契約破棄(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

ビンタイキンデン、テナガから電気工事受注(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン