• 印刷する

三井住友カード、地場フィンテックに投資

マレーシアのフィンテック(ITを活用した金融サービス)ベンチャー事業者、ソフトスペースは23日、事業提携をしている三井住友カードからシリーズB(新興企業による第2段階の資金調達)で資金を調達したと発表した。

投資額は非公表。両社は、今回の投資で今後50年を見据えた日本および東南アジア諸国連合(ASEAN)での事業機会を探って行くとしている。

三井住友カードは昨年1月、ソフトスペースと決済サービスの提携で覚書(MOU)を交わした。また、同10月にはASEANで電子決済サービス事業を推進するパートナーシップの締結に合意している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン