• 印刷する

テイクオフ:常夏のマニラが特に暑い…

常夏のマニラが特に暑い時期を迎えた。朝のシャワーを浴びた後になかなか汗が引かない。出勤時の服装は一年を通じて同じなので、外を歩くといつもより汗をかく。しかし、会社に着くと、全館空調で冷房をつけていると効きすぎて寒い。かといって、切ればとたんに暑くなるという温度調整が難しい状態。体調管理に気を使う時期でもある。

フィリピンの学校では4~5月が夏休み。日本のサラリーマンには夏にお盆休みがある。こんなに暑い時期にはのんびり休みたい。カレンダーを見ると、当地で次の休みは5月1日のメーデー。短い夏休みにしようか。

3月末のホーリーウイークの連休にリゾート地ボラカイ島に行ったが、さらに暑いこの時期に行ければどれだけ良いだろう。観光業界だけでなく、ボラカイ島が夏休みの最中に閉鎖されることに恨み節を漏らす人は多いに違いない。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伝統ジプニー、あと2年で幕 17万台廃車、新PUVの商機に(09/21)

マニラとセブのBRT、運輸省が一転推進へ(09/21)

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認(09/21)

博報堂が2社の株式取得、現地対応力を強化(09/21)

8月の国際収支、8カ月ぶり黒字(09/21)

20日為替:$1=54.075ペソ(↓)(09/21)

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

セブ不動産、IPO資金で土地拡張(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン