テイクオフ:常夏のマニラが特に暑い…

常夏のマニラが特に暑い時期を迎えた。朝のシャワーを浴びた後になかなか汗が引かない。出勤時の服装は一年を通じて同じなので、外を歩くといつもより汗をかく。しかし、会社に着くと、全館空調で冷房をつけていると効きすぎて寒い。かといって、切ればとたんに暑くなるという温度調整が難しい状態。体調管理に気を使う時期でもある。

フィリピンの学校では4~5月が夏休み。日本のサラリーマンには夏にお盆休みがある。こんなに暑い時期にはのんびり休みたい。カレンダーを見ると、当地で次の休みは5月1日のメーデー。短い夏休みにしようか。

3月末のホーリーウイークの連休にリゾート地ボラカイ島に行ったが、さらに暑いこの時期に行ければどれだけ良いだろう。観光業界だけでなく、ボラカイ島が夏休みの最中に閉鎖されることに恨み節を漏らす人は多いに違いない。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(16:02)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(13:43)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(11:52)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン