大気汚染対策市場、20兆元へ 2030年予測、設備更新や新エネ車

大学や民間調査会社が共同でまとめたリポートによると、中国の大気汚染対策市場は2030年に20兆元(約342兆円)を超える規模となる見通しだ。低炭素排出に向けた設備更新や揮発性有機化合物(VOC)対策、環境モニター設備、エコカー(新エネルギー車)、空気清浄システムなど幅広…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ファーウェイ、来月ソウルに5G拠点設置(17:43)

1~3月の電力消費、5.5%増の1.6兆kWh(16:43)

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道(04/22)

対カンボジア貿易巡り対立 米中、「貢献度」互いに譲らず(04/22)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:「鶏肉ご飯にしますか、…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も(04/22)

21品目を追加関税適用除外に 米通商代表部、計85品目に拡大(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン