資源リオ、1Qの鉄鉱石出荷量5%増加

英豪系資源大手リオ・ティントは18日、2018年度(暦年)第1四半期(1~3月)の鉄鉱石の出荷量が前年同期比で5%増加したと発表した。西オーストラリア州ピルバラ地区で進める鉄鉱石輸送の無人貨物鉄道「AutoHaul(オートホール)」の導入が順調に進んでいることが、輸送量の拡…

関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:9月からANAのパース…(07/23)

豪で世界最大の太陽光発電所 新興サン、東南アへの供給視野(07/23)

豪議会再開、干ばつ対策を審議 労組法案では与野党対立(07/23)

家族優遇税制、10万世帯が減額または除外(07/23)

〔政治スポットライト〕豪中関係再び悪化?豪貿易相が中国訪問へ(07/23)

サントス、石油ガス生産でウッドサイド超え(07/23)

シェルCEO、豪の電力市場進出に意欲(07/23)

オーリゾン、貨物ターミナル売却で交差上訴(07/23)

NSW、技能ビザに居住・就労の要件を追加(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン