建物にAIなど次世代技術、建設各社が導入

韓国の建設会社が人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の導入を急いでいる。住宅市場の主要顧客がITに慣れ親しんだ30~40代になる中、次世代の技術を取り入れた物件を提供することで競争力を高める狙いがあるようだ。 不動産の総合開発会社、HDC現代産業開発は…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「魔法の足袋」を買いた…(03/19)

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

サムスンとLG、パネル市場でシェア縮小(03/19)

2月輸出額11.4%減、半導体不振=確定値(03/19)

2月の輸入物価指数3.6%上昇、韓国銀行(03/19)

出前アプリ市場、20年に3800万ドル規模へ(03/19)

現代自動車、部長までの役職を統廃合(03/19)

大気汚染による経済損失、18年は4千億円(03/19)

韓国企業、ダナンでスマート都市開発を提案(03/19)

新韓金融持ち株、AI投資顧問会社を設立(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン