• 印刷する

テイクオフ:タイ正月(ソンクラーン…

タイ正月(ソンクラーン)中に街を歩くと、白い粉まみれの車をよく目にした。政府が白い粉を使った水掛け祭りを容認したためか、粉を塗り合ったり、水に混ぜて掛けたりという人が多かったよう。

バンコクでは粉などで汚れた道路を洗浄するため、昨年より10万リットル近く多い38万4,000リットルの水が使用されたほか、ゴミも100トン出たという。ただ度が過ぎた遊びも多かったようで、インターネット上では、ブレーキオイルを掛けられて車の塗装が傷んだ、ペンキのようなものを車に掛けられて消せない、といった投稿が見られた。

一部の悪事が伝えられると、「来年は取り締まりを強化した方がいい」との声も出る。皆が楽しく遊ぶため、規制ではなく「楽しい遊び方」といった啓発は必要かもしれない。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

総選挙はEEC開発に影響せず=事務局長(15:20)

テイクオフ:オーストラリア出身の世…(01/24)

18年車生産、2百万台達成 歴代3位、19年も国内けん引見込(01/24)

18年の輸出台数0.1%増、3年ぶりプラス(01/24)

総選挙は3月24日、勅令受け選管が発表(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

タクシン派の首相候補未定、親軍派は現首相(01/24)

WHA、中国EC京東と物流事業の合弁会社(01/24)

発電GPSC、エネルギー回収事業を取得(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン