• 印刷する

テイクオフ:タイ正月(ソンクラーン…

タイ正月(ソンクラーン)中に街を歩くと、白い粉まみれの車をよく目にした。政府が白い粉を使った水掛け祭りを容認したためか、粉を塗り合ったり、水に混ぜて掛けたりという人が多かったよう。

バンコクでは粉などで汚れた道路を洗浄するため、昨年より10万リットル近く多い38万4,000リットルの水が使用されたほか、ゴミも100トン出たという。ただ度が過ぎた遊びも多かったようで、インターネット上では、ブレーキオイルを掛けられて車の塗装が傷んだ、ペンキのようなものを車に掛けられて消せない、といった投稿が見られた。

一部の悪事が伝えられると、「来年は取り締まりを強化した方がいい」との声も出る。皆が楽しく遊ぶため、規制ではなく「楽しい遊び方」といった啓発は必要かもしれない。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インフラ予算、上期7千億円 総選挙前に大型PPP案件加速も(09/21)

8月の新車販売、28%増の8.7万台(09/21)

8月の新車販売(表)(09/21)

ボンバルディア、22年までに受注倍増見込み(09/21)

タイ中鉄道第2区間、来年初めに業者確定(09/21)

首都空港の旅客ビル設計、盗用疑惑も契約へ(09/21)

パナがプロジェクター投入、高級市場に照準(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

石灰製品ゴールデン、買収効果で20%増収へ(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン