石炭ガス化事業に4社が関心、109億ドル

インドネシア産業省化学・繊維・雑工業(IKTA)局のアフマド局長によると、国内外の企業4社が石炭ガス化事業への参入に関心を寄せている。投資総額は109億米ドル(約1兆1,700億円)規模と試算されている。16日付インベストール・デイリーが伝えた。 4社は、国営石炭ブキッ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化


その他記事

すべての文頭を開く

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(07/20)

バンテン州高速道路、上半期の交通量2%増(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン