石炭ガス化事業に4社が関心、109億ドル

インドネシア産業省化学・繊維・雑工業(IKTA)局のアフマド局長によると、国内外の企業4社が石炭ガス化事業への参入に関心を寄せている。投資総額は109億米ドル(約1兆1,700億円)規模と試算されている。16日付インベストール・デイリーが伝えた。 4社は、国営石炭ブキッ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化


その他記事

すべての文頭を開く

パティンバン港の運営、日本企業6社が関心(21:17)

線材原料が不足、上流産業への投資誘致要請(21:21)

テイクオフ:インドネシアの金融市場…(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

【地場・外資特集】ネット保険先駆者の挑戦 6年目は加入者2倍以上へ(04/25)

家電アクア、香り機能付きエアコン投入(04/25)

為替参照1万3900ルピア、2年半ぶり最安値(04/25)

ゴジェック、国内配車アプリ市場に参入検討(04/25)

中小企業向けの新たな税制優遇策導入を検討(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン