鳴り潜める核、北の市民生活に変化見られず

【平壌共同=松本安二】韓国や米国との歴史的な首脳会談を控える北朝鮮。首都平壌では核・ミサイル開発の進展を誇示する大々的な宣伝は鳴りを潜める一方、関係修復が急速に進む中国の存在感が増している。北朝鮮は貿易を大幅に制限する厳しい制裁下にあるが、表面上は市民生活に大…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

「GU」、9月14日蚕室に韓国1号店(18:45)

6月訪日韓国人客6.5%増、大阪地震が影響(16:42)

労働時間短縮、首都圏の新鉄道工事に影響(15:42)

テイクオフ:美の基準が変わってきて…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

5G、通信3社が同時の船出 米国勢に次ぐ商用化へ(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

現代自の1~6月販売、8%減の1.6万台(07/19)

韓国ミニストップ、売却説を否定(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン