鳴り潜める核、北の市民生活に変化見られず

【平壌共同=松本安二】韓国や米国との歴史的な首脳会談を控える北朝鮮。首都平壌では核・ミサイル開発の進展を誇示する大々的な宣伝は鳴りを潜める一方、関係修復が急速に進む中国の存在感が増している。北朝鮮は貿易を大幅に制限する厳しい制裁下にあるが、表面上は市民生活に大…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

LGディスプレー6年ぶり赤字、価格下落で(15:39)

エプソン、江南に製品体験スペースを開設(14:18)

テイクオフ:ソウルの商圏は1カ所に…(04/25)

韓国通商幹部、スーチー氏・商業相と会談(04/25)

パワハラ騒動、揺れる韓進 財閥の実態浮き彫り(04/25)

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(04/25)

3月新規車両登録は24%減、乗用車が悪化(04/25)

ペトロナスLNG、韓国Sオイルに供給開始(04/25)

ヤンゴン新都市開発、中韓などが関心(04/25)

米エリオット、現代自の改編案に異議(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン