• 印刷する

テイクオフ:不動産市場の回復に向け…

不動産市場の回復に向けた政府の試みにもかかわらず、投資家の信頼感は引き続き低水準にとどまっている。政府は不動産規制法(RERA)を施行し、市場透明性の確保を図ったが、効果は限定的なようだ。

筆者も住宅に投資した一人だが、業者が3年間にわたりプロジェクトを延期し続けており、少なくとも今後2年間は自宅を取得できない状況だ。同様にマイホームを持つことを望み、プロジェクト完了前に住宅を購入した人は数千人に上る。購入者は進捗(しんちょく)状況を確認するために建設現場に赴き、結局、暗い気持ちでそこを後にする。

短期間での資金調達を狙う専門外の業者が参入し、中には偽の広告を使って住宅を販売するケースもある。多くの人がマイホームを求める状況下、信頼感を一層高められる法・規則の施行が、市場回復の鍵を握ると実感する。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:グジャラート州投資サミ…(01/22)

インドのアフリカ重視鮮明 サミットに特別枠、外交で最優先(01/22)

起亜自、インド第1弾モデルを試験生産へ(01/22)

自動車購入時のGST課税、所得税は対象外(01/22)

乗用車輸出、2年連続で前年割れ見通し(01/22)

ルーカスTVS、電動車モーターの供給計画(01/22)

中油、インド石化プラント建設計画を断念(01/22)

サムスン、インドでの携帯生産に不透明感(01/22)

バイジューズ、米知育アプリのオスモを買収(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン