• 印刷する

テイクオフ:不動産市場の回復に向け…

不動産市場の回復に向けた政府の試みにもかかわらず、投資家の信頼感は引き続き低水準にとどまっている。政府は不動産規制法(RERA)を施行し、市場透明性の確保を図ったが、効果は限定的なようだ。

筆者も住宅に投資した一人だが、業者が3年間にわたりプロジェクトを延期し続けており、少なくとも今後2年間は自宅を取得できない状況だ。同様にマイホームを持つことを望み、プロジェクト完了前に住宅を購入した人は数千人に上る。購入者は進捗(しんちょく)状況を確認するために建設現場に赴き、結局、暗い気持ちでそこを後にする。

短期間での資金調達を狙う専門外の業者が参入し、中には偽の広告を使って住宅を販売するケースもある。多くの人がマイホームを求める状況下、信頼感を一層高められる法・規則の施行が、市場回復の鍵を握ると実感する。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

現地の邦人社会に衝撃、「誰もが犠牲に」(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

トライアンフ、8月に中古車市場に参入(04/26)

ホワイトカラー求人数、1~3月は13%減(04/26)

ヒーロー、西部で太陽光発電に2億ドル投資(04/26)

太陽光を調理に、エネ省が補助金転用を要請(04/26)

タタ電力部門、西部の風力発電所売却(04/26)

セメントのウルトラ、150億ルピーの投資計画(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン