テイクオフ:不動産市場の回復に向け…

不動産市場の回復に向けた政府の試みにもかかわらず、投資家の信頼感は引き続き低水準にとどまっている。政府は不動産規制法(RERA)を施行し、市場透明性の確保を図ったが、効果は限定的なようだ。

筆者も住宅に投資した一人だが、業者が3年間にわたりプロジェクトを延期し続けており、少なくとも今後2年間は自宅を取得できない状況だ。同様にマイホームを持つことを望み、プロジェクト完了前に住宅を購入した人は数千人に上る。購入者は進捗(しんちょく)状況を確認するために建設現場に赴き、結局、暗い気持ちでそこを後にする。

短期間での資金調達を狙う専門外の業者が参入し、中には偽の広告を使って住宅を販売するケースもある。多くの人がマイホームを求める状況下、信頼感を一層高められる法・規則の施行が、市場回復の鍵を握ると実感する。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン