2月の賃金総額、ボーナス支給で平均8.7万元

台湾の行政院主計総処(統計局)が発表した2月の工業・サービス業の賃金・生産力統計によると、従業員の賃金総額は、春節前ボーナス「年終奨金」の支給のピークを迎えたことから、前月比46.9%、前年同月比では89.9%増の平均8万6,832台湾元(約31万7,100円)だった。

賃金総額は、経常性賃金(基本給に諸手当を加算)に非経常性賃金(残業代やボーナスなど)を加えた額。2月の経常性賃金は平均4万483元で、前月比では0.7%減ったが、前年同月比では2.9%増えた。全従業員のうち、台湾籍のフルタイム従業員の経常性賃金は4万2,730元、賃金総額は9万1,944元だった。

また、パートタイム従業員の経常性賃金は1万5,909元で、時間当たりでは前月比3.6%増の174元だった。賃金総額は2万510元で、時間当たりでは前月比18.8%増の221元。

2月の残業代は平均1,652元で、前月比6.4%、前年同月比では0.1%それぞれ減少した。

2月末時点での工業・サービス業の従業員数は761万5,000人で、前年同月末時点に比べ1.6%(12万2,000人)増えた。このうち台湾籍のフルタイム従業員は682万人。パートタイム従業員は36万3,000人で全体の4.8%だった。

このほか2月の労働時間は平均129.4時間で、春節休暇のため出勤日が例年より少なかったことから、前月比で49.4時間減、前年同月比で19.6時間減だった。残業時間は平均7.3時間で前月比0.8時間、前年同月比では0.4時間短かった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バチバチと目の前ではじ…(04/25)

アジア最大の「垂直農法」脚光 源鮮の植物工場、中・英にも建設へ(04/25)

TPK、欧菲光との相互出資計画を撤回(04/25)

LINE、遠伝と「LINEモバイル」台湾投入(04/25)

碩禾、日本で16年債グリーンボンド発行(04/25)

3月のスマホ販売台数、ここ数年の最低水準(04/25)

台北市、5月から電動スクーターの駐車無料に(04/25)

裕隆、中国の販売会社に10億人民元追加投資(04/25)

台塑石化、米ルイジアナ州に石化施設を建設(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン