• 印刷する

マツオカ、アパレルOEM合弁会社を設立へ

縫製加工のマツオカコーポレーション(広島県福山市)は13日、ファーストリテイリングや東レグループと共同で、インドネシアにアパレルの相手先ブランドによる生産(OEM)事業を行う合弁会社を設立すると発表した。国内初の自社工場として、今年秋ごろから生産を開始する。

マツオカコーポレーションが同日に開いた取締役会で決議した。合弁会社名は、マツオカ・インダストリーズ・インドネシア(仮称)。所在地は西ジャワ州スバン県で、資本金は2,200万米ドル(約24億円)。マツオカコーポレーションが51%、ファーストリテイリングが25%、東レグループの蝶理が20%、東レが4%をそれぞれ出資する。今月中に合弁契約書を締結し、来月に設立を予定している。

マツオカコーポレーションの担当者は、インドネシアでの事業を決めた理由について、「(合弁パートナーの)東レや蝶理が近隣諸国に持っている工場から生地の調達が可能になるからだ」と説明。さらに、インドネシアから東南アジア諸国連合(ASEAN)向けの輸出は、関税でも有利になることを挙げた。合弁会社にファーストリテイリングも出資することから、生産した製品は原則、同社向けに供給する。

マツオカコーポレーションのインドネシア拠点は、2012年に設立された協力工場のTIマツオカ・ウィナー・インダストリーがある。中ジャワ州スマラン県でアパレル製品を生産しており、マツオカコーポレーションは技術提供を行っている。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 繊維

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

首都交通、ナンバー規制の延長を政府に提案(12/18)

政府、官民連携のインフラ事業を推進(12/18)

11月の貿易収支、2カ月連続で赤字(12/18)

アチェの経済特区が正式稼働、高速道も着工(12/18)

ロッテ、東南アジア事業に本腰(12/18)

EFTAとの包括的経済協力協定を締結(12/18)

電子たばこ以外の特殊たばこも課税対象に(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン