• 印刷する

物流LBC、日本からの送金でJRFと提携

フィリピンの物流大手LBCエクスプレスは12日、送金事業を手掛けるジャパンレミットファイナンス(JRF、東京都港区)と提携したと発表した。日本国内のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からJRFを通じた送金を、LBCがフィリピン国内1,300カ所に置く拠点で現金化できるようになった。

JRFは、ホセイン・サロワ社長が2011年9月に設立。アジア諸国をはじめ83カ国への送金事業を手掛けている。効率的な送金により、日本に住む外国人の支援を目指している。

フィリピン中央銀行によると、今年のOFWの送金額は前年比3.6%増の291億米ドル(約3兆1,200億円)となる見込み。1月の実績は前年同月比9.6%増の約24億米ドルで、米国、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、シンガポール、英国、日本など10カ国からの送金が全体の8割以上を占めた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン