物流LBC、日本からの送金でJRFと提携

フィリピンの物流大手LBCエクスプレスは12日、送金事業を手掛けるジャパンレミットファイナンス(JRF、東京都港区)と提携したと発表した。日本国内のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からJRFを通じた送金を、LBCがフィリピン国内1,300カ所に置く拠点で現金化できるようになった。

JRFは、ホセイン・サロワ社長が2011年9月に設立。アジア諸国をはじめ83カ国への送金事業を手掛けている。効率的な送金により、日本に住む外国人の支援を目指している。

フィリピン中央銀行によると、今年のOFWの送金額は前年比3.6%増の291億米ドル(約3兆1,200億円)となる見込み。1月の実績は前年同月比9.6%増の約24億米ドルで、米国、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、シンガポール、英国、日本など10カ国からの送金が全体の8割以上を占めた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のマニラが特に暑い…(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

優遇撤廃に15年の移行期間 税制改革第2弾、貿産省が提案(04/25)

ミ島で2千キロの鉄道実現へ、調査提言(04/25)

首都空港拡張計画、有力7社が再提案を検討(04/25)

ゴジェック、国内配車アプリ市場に参入検討(04/25)

JICA、ダバオ洪水対策の基本計画策定へ(04/25)

1Qの財政赤字2倍も税収拡大で目標達成(04/25)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(313)(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン