ヤマトが自動運転実験、ドライバー乗らず

【共同】宅配便最大手のヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は12日、自動運転車を使い、運転席にドライバーが乗らない状態で宅配便を配送する実験を24日に神奈川県藤沢市で実施すると発表した。人手不足対策として実用化したい考えだ。 昨年4月には、自動運転による宅配…

関連国・地域: 日本
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

日本のハラル・健康食品PR ジェトロ、大型見本市に出展(04/27)

テイクオフ:空の移動でのささやかな…(04/27)

【パキスタン】乗用車は日系の牙城 第3回 新規参入に販売網の壁(04/27)

エアコン市場、猛暑で勢い 日系2社は高機能で差別化に注力(04/27)

航続500キロ超のEVも登場 モーターショー、地場系が技術誇示(04/27)

国巨、「村田製作所へ贈賄」のうわさを全面否定(04/27)

3月のメーカー別車輸出、6社がプラス(04/27)

【外国企業の日本戦略】高級不動産の需要まだ根強い 台湾の信義房屋、仲介で存在感(04/27)

トヨタ、ヤリスの予約受付を開始(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン