• 印刷する

BASF、麗水の先端プラスチック工場増設

ドイツの化学大手BASFは12日、全羅南道麗水市の工場に高性能の熱可塑性プラスチック樹脂工場を増設し、生産ラインを稼働したと発表した。

麗水工場におけるポリアリールスルホン樹脂「ウルトラゾーン」の生産能力を年6,000トン引き上げた。同工場の生産能力は年1万2,000トンに引き上がった。BASFの世界の生産拠点のうち2番目に大きい規模となる。

ウルトラゾーンは電子・電気機器や自動車、航空宇宙など多様な産業で使用されている。生産したウルトラゾーンは、90%以上を日本や中国をはじめとするアジア・太平洋地域に輸出する計画という。

ウルトラゾーンを生産する麗水工場(BASF提供)

ウルトラゾーンを生産する麗水工場(BASF提供)


関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: 化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ジンエアー免許取り消さず、当局が最終決定(17:27)

ポスコエナジー、燃料電池事業を切り離しか(17:16)

LGCNS、社内ベンチャー第1号を分社化(17:11)

コンビニ・外食で省力化の波 賃金上昇で、決済インフラ活用(08/17)

テイクオフ:総勢96人の日韓中の美…(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

主要30グループ、上期投資額が24%増(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

半導体好景気まもなく終了か、懸念高まる(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン