反落、シリア情勢への懸念強まる=香港株式

12日の香港株式市場は5営業日ぶりに反落して終了した。シリア情勢が緊迫化し、市場で警戒感が強まった。ハンセン指数は朝方、上げて始まったが、前場引け前に前日終値を下抜け、低調なまま取引を終えた。ニュースサイト、新浪網などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比66.43ポ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

銅鑼湾オフィス賃料が急上昇 3年ぶり上げ幅、空室率低下で(08/21)

週末住宅取引、新築は8割減の35戸に(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

テクノロジー人材育成策、政府が近く発表(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

小米系フィンテック会社、仮想銀行申請へ(08/21)

続伸、騰訊が大幅上昇=香港株式(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン