• 印刷する

テイクオフ:すがすがしいほどの見せ…

すがすがしいほどの見せびらかしぶりだ。雲林虎尾の路地を歩いているとやおら、眼鏡店の前で真紅のフェラーリV8に出くわした。車両は新装開店の客寄せとして「展示」されているだけ。眼鏡とフェラーリには何の因果関係もない。

台湾の地方を歩くと遭遇する「人寄せ高級車」。彰化鹿港ではポルシェ911に乗った水着美女がふとん販売店の宣伝で微笑む光景を目にした。先週は、パン店経営者が故郷の彰化花壇に店を開き、ランボルギーニ4台で祝ったという。輸入車代理店に聞くと「中部の富裕層が好む習慣。昔はレンタルが主だったが、最近は自前で購入した高級車を並べる場合が多い」。

そういえば日本には、嫁入り前の婚礼道具一式を自宅で披露する風習があった。分かりやすい財力自慢は見る者に安心感を与える効果もあるというが、台北出身の同僚は「下品な散財」と一刀両断だった。(淳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新内閣が発足し、新たな…(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

華邦電子、420億元の協調融資契約(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

保護デバイスの興勤、高雄楠梓工場を拡張(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

受動デバイスの禾伸堂、桃園に新工場(01/16)

三顧、義大と「細胞シート再生」技術利用で提携(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン