• 印刷する

テイクオフ:朝に家を出ると、同じよ…

朝に家を出ると、同じように出勤していく中国人に遭遇する。ぞろぞろと何人も連れだって、ゲートの外に停車しているバスに乗り込んでいく。約20人乗りが2台。バスに目をやると、OPPOのステッカーが貼ってある。中国の大手スマートフォンメーカーだ。

同社は首都ニューデリー近郊の北部ウッタルプラデシュ州ノイダに工場を持つ。昨年には既存工場からほど近いグレーターノイダに新工場の設置を決めた。その工場で勤務する社員だろう。1時間以上かけての団体出社だ。

OPPOの看板はどこでも目にする。ネットが通じないほど通信環境が整っていないインドの島ですら同社のスマホが売っていた。大胆な戦略が奏功してか、今や5本の指に入る人気ぶり。中印の関係は良いとは言い難いが、中国企業にとってインド市場は無視できない存在であることは確かのようだ。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(17:32)

テイクオフ:インド人消費者は価格に…(03/25)

印との繊維貿易に期待高まる AITIGA、綿糸など関税撤廃(03/25)

ジェット、国際線13路線の運航一時停止(03/25)

2月の国内線旅客数、5.6%増の1135万人(03/25)

アヴァン、9万円で新型電動スクーター発売(03/25)

タタ自、最大2.5万ルピーの値上げを発表(03/25)

フォードがシェルビー投入へ、地場が組立て(03/25)

中古車売買カーズ24、南部ケララに初店舗(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン