• 印刷する

テイクオフ:朝に家を出ると、同じよ…

朝に家を出ると、同じように出勤していく中国人に遭遇する。ぞろぞろと何人も連れだって、ゲートの外に停車しているバスに乗り込んでいく。約20人乗りが2台。バスに目をやると、OPPOのステッカーが貼ってある。中国の大手スマートフォンメーカーだ。

同社は首都ニューデリー近郊の北部ウッタルプラデシュ州ノイダに工場を持つ。昨年には既存工場からほど近いグレーターノイダに新工場の設置を決めた。その工場で勤務する社員だろう。1時間以上かけての団体出社だ。

OPPOの看板はどこでも目にする。ネットが通じないほど通信環境が整っていないインドの島ですら同社のスマホが売っていた。大胆な戦略が奏功してか、今や5本の指に入る人気ぶり。中印の関係は良いとは言い難いが、中国企業にとってインド市場は無視できない存在であることは確かのようだ。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

アディティヤ衣料部門、女性下着市場に参入(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

衣料通販ミントラ、モールへの出店を検討(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

アマゾン、デビットカードで分割払い可能に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン