• 印刷する

HSBC、本土投資強化と新組織設立

英金融大手HSBCは今後、行内の煩雑な手続きをスリム化し、中国本土への投資を従来注力していた華南地域から全域に拡大する方針だ。10日付サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

マーク・タッカー会長は9日に香港で開いた会合で、アナリストや投資家に対し、肥大化したガバナンス構造のスリム化が最優先課題の一つだと説明。20人以上いた取締役会のメンバーを14人に減らしたほか、手続きのより踏み込んだ削減を計画しているという。

一方、投資家向けのプレゼンでは、ジョン・フリント最高経営責任者(CEO)がアジア、とりわけ本土により注力する方針を示した。ただ、プレゼンによると、本土の昨年のリテールバンキング部門は前年比7%の減益となった。

タッカー会長によると、HSBCは7月の中間期決算発表前に新戦略を発表する予定。

■大湾区の商機狙う

HSBCはこのほど、広東省・香港・マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」での商機をつかむために、広東省と香港にそれぞれ、イノベーションと科学技術企業向けのサービスに特化した専門チームを立ち上げた。

香港経済日報などによると、広東省に設立したチームは、特にニューエコノミー分野の中小企業を顧客ターゲットに据える。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン