日立化成、重慶市に導電フィルム試験施設

日立化成は9日、異方導電フィルム(ACF)を用いて電極を接続したディスプレーの各種信頼性試験を行う試験施設を、同社の重慶市拠点内に開設すると発表した。中国内陸部のディスプレーメーカーからの試験依頼に対応し、顧客の開発期間短縮を実現する。

ACFはディスプレー部材であるガラス基板、フレキシブルプリント基板などに配置された複数の電極を一括で接続する材料。試験施設では、ディスプレーメーカーが持ち込むACFを用いて電極を接続したディスプレー部材に対し、接続後のACFの接着力測定や熱硬化性樹脂の反応率測定といった信頼性試験を行う。

施設は、重慶子会社の日立化成工業(重慶)内に開設し、6月に運営を開始する。投資額は約1億円となる。

日立化成は重慶のほか、江蘇省南通市、蘇州市、広東省東莞市にそれぞれACF関連拠点を展開している。このうち試験施設を備えているのは蘇州と東莞の子会社のみ。最近は重慶市、四川省成都市、綿陽市など内陸部に工場を持つディスプレーメーカーが増えてきたものの、試験のためには蘇州、東莞までディスプレーを輸送しなければならず、評価に時間がかかっていた。3カ所目の試験施設を重慶市に設けることで、今後は迅速な試験が可能になり、メーカーはディスプレーの開発期間を短縮できるという。

日立化成によると、ディスプレー市場は近年、アジア地域を中心に拡大しており、特に中国の大型パネルディスプレー生産量は2021年には16年比で約3倍(大型パネルの枚数、15インチ換算)にまで成長すると予測されている。


関連国・地域: 中国-重慶日本
関連業種: IT・通信電機化学・石化製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

香港にAI実験室を設立 アリババ、スタートアップ育成(05/28)

テイクオフ:広州では今月中旬からタ…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(05/28)

香港イノベーション政策に警告、科技大など(05/28)

ZTEへの制裁解除へ 米大統領が表明、罰金など条件に(05/28)

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/28)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/28)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン