• 印刷する

日立化成、重慶市に導電フィルム試験施設

日立化成は9日、異方導電フィルム(ACF)を用いて電極を接続したディスプレーの各種信頼性試験を行う試験施設を、同社の重慶市拠点内に開設すると発表した。中国内陸部のディスプレーメーカーからの試験依頼に対応し、顧客の開発期間短縮を実現する。

ACFはディスプレー部材であるガラス基板、フレキシブルプリント基板などに配置された複数の電極を一括で接続する材料。試験施設では、ディスプレーメーカーが持ち込むACFを用いて電極を接続したディスプレー部材に対し、接続後のACFの接着力測定や熱硬化性樹脂の反応率測定といった信頼性試験を行う。

施設は、重慶子会社の日立化成工業(重慶)内に開設し、6月に運営を開始する。投資額は約1億円となる。

日立化成は重慶のほか、江蘇省南通市、蘇州市、広東省東莞市にそれぞれACF関連拠点を展開している。このうち試験施設を備えているのは蘇州と東莞の子会社のみ。最近は重慶市、四川省成都市、綿陽市など内陸部に工場を持つディスプレーメーカーが増えてきたものの、試験のためには蘇州、東莞までディスプレーを輸送しなければならず、評価に時間がかかっていた。3カ所目の試験施設を重慶市に設けることで、今後は迅速な試験が可能になり、メーカーはディスプレーの開発期間を短縮できるという。

日立化成によると、ディスプレー市場は近年、アジア地域を中心に拡大しており、特に中国の大型パネルディスプレー生産量は2021年には16年比で約3倍(大型パネルの枚数、15インチ換算)にまで成長すると予測されている。


関連国・地域: 中国-重慶日本
関連業種: 電機化学その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(16:32)

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(13:27)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン