• 印刷する

テイクオフ:入籍後に必要な各種名義…

入籍後に必要な各種名義変更だが、1つ目の労働許可証の書き換えを終えた段階で音を上げそうだ。

専門家のアドバイスのもと婚姻証明書を手に当地の移民局に行ったところ、まずは「旧姓が記載されていない」との理由で突き返された。日本大使館へ相談すると、旧旅券所持証明に旧姓を記載することで新姓のパスポートと紐づけられると助言をもらった。同書類を入手して再び移民局を訪ねると、今度は「2つの氏名とパスポート番号が書かれているだけで、同一人物という証明にはならない」という仰天の回答。

色々と指摘が入ったものの、何とか書き換えを完了。ここまで約2カ月。銀行口座、クレジットカード、運転免許証と先は長い。日本で話題になっている選択的夫婦別姓はより多くの選択肢を与え、行政や当事者、金融機関などの負担を減らす最適解だと思うのだが。議論の行方を見守りたい。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、越合弁を白紙に 競争回避と会計基準改正が理由か(04/19)

RM=26.9円、$=4.14RM(18日)(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

エアアジア、ベトナムでの合弁設立を見送り(04/19)

主要指数が16年来の低水準、格下げ臆測響く(04/19)

下着通販サイト白鳩、ラザダに出店(04/19)

政府公用車、ナザ・ベルジャヤ合弁が有力視(04/19)

UEM、HSR駅設置に代わりBRT整備へ(04/19)

5G展示会が開会、首相「3年で実用化」(04/19)

MRCA、小売業界の成長率は4.5%と予測(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン