オフィス供給がピークに 中環は賃料高止まりへ、移転も

香港では、オフィススペースの新規供給が向こう2年でピークを迎える見通しだ。供給量は計約400万平方フィート(約37万1,600平方メートル)になるとみられ、中央商業地区(CBD)以外の供給が大半。一方、香港島セントラル(中環)は新規オフィスの供給が当面なく、中国本土企業…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(01/18)

モジュール工法の導入を推進 政府、人手不足の建設業界に効果(01/18)

民間住宅、18年の売却利益率が過去最高に(01/18)

マカオ住宅価格、今年5~10%下落=JLL(01/18)

バイパス開通、企業の“中環脱出”加速へ(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

従来型銀行、IT人材の採用が鍵=当局幹部(01/18)

反落、本土不動産銘柄が急落=香港株式(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン