テイクオフ:「あの指揮者、80歳以…

「あの指揮者、80歳以上なの?」――。コンサートが幕を閉じた後、妻がふとつぶやいた。先週末、シンガポール交響楽団の指揮台に上ったのはエリアフ・インバル。日本でもおなじみのイスラエル人指揮者だ。

演奏曲目はマーラーの交響曲第6番「悲劇的」。巨大な編成のオケを率い、椅子も使わず、かくしゃくとした身振りで、1時間以上に及ぶ大曲を指揮していく。御年82歳とは思えぬエネルギッシュな演奏に、終演後は会場から盛んにブラボーが飛んだ。

その翌朝、日本から訃報が飛び込んできた。アニメ界の巨匠、高畑勲監督が亡くなったという。テレビアニメに初めて日常のリアルな描写を持ち込んだ名作「アルプスの少女ハイジ」は、皆の記憶に残っているだろう。享年82歳。インバルとはいわば「同級生」だ。ちなみにわが母も同い年。人の命は永遠ではない、という当たり前の事実をふとかみしめた。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

25年には小切手ゼロ社会に 政府、電子決済の普及促進で(06/22)

日東電工、海水淡水化施設の逆浸透膜を受注(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マイリパブリック、携帯サービスを本格開始(06/22)

デジタル競争力ランク、世界2位に後退(06/22)

米エクソン、新たな2つの生産設備を稼働(06/22)

西部LRT、7月から日曜日の営業再開(06/22)

マイスクエア、携帯決済マイペイを買収(06/22)

上半期にM&A活発化、前年同期比19%増(06/22)

STエンジ、無人車セキュリティーで提携(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン