• 印刷する

自動車価格の3割下げ政府目標、達成厳しく

マレーシア政府が2018年までの5年間で自動車価格を30%下げるとしていた目標が、ほぼ達成不可能になった。13~18年現時点までの値下がり率は、16.38%にとどまっている。4日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

アーマド・マスラン副貿易産業相が3日に国会答弁で明らかにした。値下げ目標は、14年1月に発表された国家自動車政策(NAP)で示していたもの。13年に実施された第13回総選挙では、与党側がマニフェスト(選挙公約)の1つに掲げていた。

アーマド副貿易産業相は、自動車価格の値下がり率が不調だった要因として、◇為替相場の変動◇市場の流動性◇輸入部品の値上がり――などを指摘。いずれも政府政策だけでは管理できない問題だと説明した。

ただ同副相は、省エネルギー車や国内での完全ノックダウン(CKD)生産車への減税措置などが自動車価格の低下に奏功したとも強調。13~17年にかけての価格推移をみると、国民車メーカー・プロドゥアの小型車「アジア」が19.7%、同社の小型車「マイヴィ」が19.4%、ホンダの小型車「ジャズ」が19.3%、マツダのスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」が6.6%、それぞれ低下したと述べた。

また、15年4月に税率6%のGST(消費税)が導入された際、税率10%の売上げ・サービス税(SST)が廃止されたことも価格低下に寄与したと指摘した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

4月新車販売、前年比6.2%増 プロトン、SUV伸張で2位浮上(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

RM=26.2円、$=4.19RM(23日)(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ペンタマスター、半導体不振も業績に自信(05/24)

旅客サービス料改定、10月までに決定へ(05/24)

パンコール空港が10月開港、観光振興に期待(05/24)

首都圏住民の9割、不動産価格に割高感(05/24)

住宅クラウド融資、業界では賛否両論の声(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン