汚職防止委、3カ月で1781件の苦情を受理

ミャンマーの汚職防止委員会は1月1日~3月30日の3カ月間で、1,781件の苦情を受け取った。内務省に対する苦情が最も多く、500件以上だった。電子メディアのイラワジが2日伝えた。 内務省に次いで苦情が多かったのは司法部門と農業・畜産・かんがい省で、ともに300件程度。教育…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(22:05)

新都市開発で対話集会開催へ 透明性欠如との指摘に対応(06/19)

ダラ大橋の早期着工求め、千人がデモ(06/19)

不動産モッタマ、10億ドル相当の9事業推進(06/19)

日産、上位3位入り目標にSUV投入予定(06/19)

4~5月の縫製品輸出、5億ドル超に倍増(06/19)

農産品輸出増へ、収穫後の品質維持技術導入を(06/19)

ブレッドトーク、ヤンゴンで3店舗目開業(06/19)

食品の大成、台湾内外で投資加速(06/19)

労組支援進まぬ国に列挙、ILO総会で(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン