汚職防止委、3カ月で1781件の苦情を受理

ミャンマーの汚職防止委員会は1月1日~3月30日の3カ月間で、1,781件の苦情を受け取った。内務省に対する苦情が最も多く、500件以上だった。電子メディアのイラワジが2日伝えた。 内務省に次いで苦情が多かったのは司法部門と農業・畜産・かんがい省で、ともに300件程度。教育…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本留学への関心高まる フェア、過去最高の2千人来訪(08/20)

関西電力、マンダレー近郊で水力発電所(08/20)

通貨安で経済界と協議予定、スー・チー氏(08/20)

中銀、7月末から累計700万ドルを売却(08/20)

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/20)

ラカイン諮問機関、最終報告書を提出(08/20)

コフィ・アナン氏が死去=ラカイン問題に勧告(08/20)

貢献に謝意、アナン氏死去で社会福祉相(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

米、ミャンマーに制裁=ロヒンギャ迫害理由(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン