• 印刷する

テイクオフ:妻子が冬休みを利用して…

妻子が冬休みを利用して日本に遊びに行き、ここ香港には中国人の義母とフィリピン人のメイド、自身の3人が残された。自身がほとんど自宅にいない中で、あの2人はどうやってコミュニケーションを取るのだろう。そんな不安がよぎったが、ふたを開けてみると、うまくやっているようだ。

中国語以外の言語はからっきしの義母と中国語を全く理解できないメイド。そんな2人はほぼ24時間体制で身を寄せ合って暮らしている。「ここはこうやって、ほらこの動きを見て」。義母がメイドに話しながら身振り手振りで教えている姿を目撃した。一生懸命な母を見て、メイドは「言葉は分からないけど、ママの言いたいことはよく分かる」と微笑んでうなずく。

言葉はできることに越したことはないが、伝えたい気持ちが一番重要。義母のくじけない心に改めて感心し、自身を振り返って反省した。(崇)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港医思医療、北京企業とクリニックの合弁(15:04)

銅鑼湾オフィス賃料が急上昇 3年ぶり上げ幅、空室率低下で(08/21)

週末住宅取引、新築は8割減の35戸に(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

テクノロジー人材育成策、政府が近く発表(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

小米系フィンテック会社、仮想銀行申請へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン