• 印刷する

7千の政府機関、6月までに電子決済導入

タイ財務省会計局のスティラット局長は、7,000の政府機関が6月までに電子決済を導入すると明らかにした。決済における現金の比率低下が見込まれる。28日付バンコクポストが報じた。

財務省は、政府機関に対して、今月27日から現金、小切手の代わりに電子決済の利用を命じている。6月までは移行期間として、現金、小切手の併用も認めるが、以降は電子決済に一本化する。

各政府機関では、電子データ収集(EDC)端末を利用し、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、低所得者支援カード、QRコードによって決済することになる。国営クルンタイ銀行のパヨン頭取によると、既に6,000のEDCを設置済み。

同行はまた、電子化に対応するため、手数料なしでEDCでの決済に利用できる電子マネー「KTBキャッシュ・カード」の発行を開始した。

会計局は、決済のほか、送金の電子化も進める。来月から高齢者、障がい者への手当てをオンラインで支給する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月5日に、タイのスワ…(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

空港高速鉄道入札、CPの特別提案を審査(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

レムチャバン港入札、応札1社でやり直しへ(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン