サムスン、中部に最先端の半導体後工程拠点

27日付電子新聞は、韓国のサムスン電子が中部の忠清南道・天安に最先端工程を取り入れた半導体パッケージの生産拠点を設けると伝えた。ウエハー状態のままでパッケージングまで行うウエハーレベルチップサイズパッケージや半導体を積み重ねて高機能化するシリコン貫通電極(TSV…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国政界有数の知日家の…(06/26)

韓国ロシアの経済協力が加速 FTA推進やインフラ整備で(06/26)

韓国自動車部品メーカー、ハイフォンに工場(06/26)

日本ロッテの昭夫副会長、解任の可能性も(06/26)

ヨントラキット、現代自とマイクロバス組立(06/26)

中企共同組合の6割、「南北経済協力に参加」(06/26)

両面ディスプレーのスマホ開発か、サムスン(06/26)

首都圏水道局、韓国大邱市から事業提案(06/26)

1Qサイネージ市場、サムスンシェア27.4%(06/26)

移動通信3社から初の同時発売、小米スマホ(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン