• 印刷する

アンコール遺跡、商店秩序確立へ委員会発足

アンコール遺跡群を管理するカンボジア政府機関、アプサラ機構は、遺跡周辺での商店の営業秩序を確立するための委員会を設置した。カンボジア星洲日報(電子版)が伝えた。

アプサラ機構幹部は委員会の初会合で「全ての商店は指定された場所で営業しなければならない。守られなければ秩序が乱れる」と強調。その上で、「商店による営業行為を禁止する考えはなく、むしろ市民が合法的な営業活動で収入を増やすことを奨励する」と呼び掛けた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

貿易・人権で国際機関と連携 首相が姿勢強調、EU制裁にらみ(10/24)

縫製協会、EUが制裁着手も「楽観」(10/24)

ムーディーズ、EU制裁なら格付け引下げも(10/24)

ポイペトに新空港、投資額5千万ドル(10/24)

エネルギーの効率使用を、環境相が訴え(10/24)

地場と台湾合弁、タクマオで住宅開発(10/24)

対トルコ貿易10億ドル目標、投資促進も(10/24)

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン