IFC、上組などの港湾施設に1500万ドル融資

世界銀行傘下の国際金融公社(IFC)は27日、ミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ港に、上組と三菱商事のミャンマー合弁食品会社ルビアが共同で設立する、バルク貨物用ターミナル事業会社「インターナショナル・バルク・ターミナル(ティラワ)=IBTT=」に、1,500万米ドル(約15億8,600万円)を長期融資すると発表した。

同事業の総投資額は6,500万米ドル。新たに整備するターミナルは、敷地面積8万平方メートル、桟橋は長さ230メートルで、穀物・飼料などバルク貨物の取り扱いを主とする。2019年4月の完成を目指す。IBTTの資本金は3,500万米ドルで、ルビアが75%、上組が25%を出資している。

IFCのビクラム・クマル・ミャンマー担当責任者は「対象事業は、ミャンマーの港湾サービスを多角化するとともに、民間部門の物流分野への参入を促し、経済成長を加速させる」と指摘した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発で対話集会開催へ 透明性欠如との指摘に対応(06/19)

ダラ大橋の早期着工求め、千人がデモ(06/19)

不動産モッタマ、10億ドル相当の9事業推進(06/19)

日産、上位3位入り目標にSUV投入予定(06/19)

4~5月の縫製品輸出、5億ドル超に倍増(06/19)

農産品輸出増へ、収穫後の品質維持技術導入を(06/19)

ブレッドトーク、ヤンゴンで3店舗目開業(06/19)

食品の大成、台湾内外で投資加速(06/19)

労組支援進まぬ国に列挙、ILO総会で(06/19)

宝成の越工場4カ所、生産ラインは全面回復(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン