• 印刷する

テイクオフ:両替所の近くで「ウエス…

両替所の近くで「ウエスタンユニオン」の看板をよく見掛ける。日本ではあまり聞き慣れないが、米国の国際送金サービス大手だ。安い手数料と簡易的な手続きを売りに、マレーシアでは出稼ぎ労働者にとって重要な送金ツールにもなっている。

マレーシアは労働人口の約12%を外国人労働者(合法)が占め、政府は人材の高度化を掲げて依存低減に力を入れている。同国に赴任した日、空港内の移民局で査証の手続きを待つ緑のパスポートの「束」を見た。聞くと、バングラデシュからの出稼ぎ労働者のものだという。緑のパスポートは減ったかと思うと増え、移民局に滞在した1時間半ほどにその流れが止まることはなかった。

先日、地場の金融IT会社がバングラデシュ人向けの海外送金アプリを立ち上げた。初年度に6万人の利用を見込むという。途切れない緑の束に改めて納得した。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレ、追徴税で高裁から召喚状(16:28)

テイクオフ:当地のコンビニで酒類を…(07/16)

違法たばこシェアが世界最高 正規品販売の大手3社が苦境(07/16)

マレーシア航空再建、日本から資金調達も(07/16)

RM=26.2円、$=4.11RM(15日)(07/16)

中小企業の5割以上が損保未加入、アクサ(07/16)

19年の人口増加率0.6%、過去10年で最低(07/16)

「若年層」引き下げで対象人口500万人減少(07/16)

ガス価格の引き上げ、産業界から懸念の声(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン