• 印刷する

5G商用化は22年めど、ファーウェイ予測

中国の通信設備・機器大手ファーウェイ(華為技術)のタイ法人ファーウェイ・テクノロジーズ(タイランド)は26日、タイで第5世代(5G)の移動通信システムの商用サービスが2022年末までに開始されるとの見通しを示した。27日付バンコクポストなどが伝えた。

チャン・ホア社長は「タイ市場向けの5Gソリューション開発に向けて、携帯通信各社にアプローチをかけている」と説明。高速・大容量通信が可能な5Gサービスは「モノのインターネット(IoT)技術を採用している垂直統合型の産業がターゲットになる」と指摘した。

タイ国家放送通信委員会(NBTC)のプラウィット委員は「タイが産業の高度化策『タイランド4.0』を推進することができれば、米国や欧州、日本、中国、韓国に次ぐ第2グループとして、タイで5Gの商用利用を開始できる」との見方を示した。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

都心オフィス賃料、上昇続く 新規2軒の完成が23年にずれ込み(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

バンコク郊外の「森の街」、事業費4割増額(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

土地・建物税、1回目の支払い期限を延長(12/13)

エキスポの受注台数、15%減の3.7万台(12/13)

ドンムアン免税店、キングパワー1社が応札(12/13)

パープルライン、3カ月限定で終日値下げ(12/13)

三菱日立PS、タイ向けにガスタービン出荷(12/13)

テスコのタイ事業、PTTは買収に関心なし(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン