住宅購入「予定なし」6割、経済的余裕なく

マレーシアの華字紙、南洋商報が実施した不動産調査で、2018年に住宅を購入する予定がないと答えた人の割合は62.8%だった。うち27%に持ち家がないことから、不動産購入の意欲はあるものの、購入する余裕のない実態が明らかになった。27日付南洋商報が伝えた。

以前の国勢調査で、20.2%の世帯に不動産資産がないと分かっていることから、サンウエー大学ビジネススクールのヨー・キムローン教授は、「調査結果は国の実態に近いもの」と指摘する。今回の調査では、持ち家のない人の84%が「購入する余裕がない」と回答している。

購入できない理由としては、「予算内の物件不足」が全体の39.8%と最も多く、次いで「金利の上昇」(同26.1%)、「GST(消費税)」(19.2%)、「固定資産税」(13.6%)だった。中央銀行が16~17年に実施した調査で、35%の世帯が25万リンギ(約670万円)を不動産購入の上限と考えているのに対し、25万リンギ以下の新築物件は全体の24%にとどまり、需給の不均衡も一因とみられる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

5月の訪日マレーシア人、1.1%増の3.6万人(11:08)

テイクオフ:マハティール首相は政権…(06/21)

5月の物価上昇率は1.8% 1%台を維持も燃油上昇が足かせ(06/21)

RM=27.5円、$=4.00RM(20日)(06/21)

5月の新車販売、15%減の4.3万台(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

EUのパーム油規制延長も新市場開拓に注力(06/21)

大西衣料、伊勢丹に期間限定店=東南ア初(06/21)

保険IAG、アジア3社を東京海上に売却(06/21)

養鶏レイホン、今期の設備投資3900万リンギ(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン