EGLツアーズ、17年12月期は5割増益

日本ツアーを主力とする香港地場大手旅行会社、東瀛遊旅行社(EGLツアーズ)が27日発表した2017年12月期本決算は、純利益が前年比53%増の2,855万HKドル(約3億8,400万円)だった。為替収益の拡大が最終利益を押し上げた。

売上高は3.3%減の16億2,458万HKドル。このうち売り上げの6割を占める訪日ツアーは5.8%減の9億7,211万HKドルだった。ツアー料金の見直しや日本円対香港ドル相場の安定などに伴い、粗利率は5.3ポイント上向いた。日本以外のツアーは2.6%増の4億8,578万HKドル。インドや地中海向けの商品が伸びた。

同期の取り扱い旅客数は訪日ツアーが12.5%減の10万3,234人、日本以外のツアーが3.9%増の7万2,367人だった。

同社初のホテルとして大阪市浪速区に設けた「逸の彩ホテル」は昨年11月に開業。17年12月期には約260万HKドルの売り上げを計上した。ホテルに隣接して設ける温泉施設は、19年初頭にも完成する見通しだ。

今年初めには沖縄県那覇市のホテル用地(約2,103平方メートル)の取得が完了。構想段階のため、完成時期などは決まっていないと説明した。来年初めに完成するとの見方も出ている。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

スタバ、利園3期に旗艦店オープン(14:39)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(15:53)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

5月のCPI上昇率2.1%、0.2P拡大(06/22)

IT5社の談合疑惑、審裁処で聴聞始まる(06/22)

HIBORに先高感、1カ月物は2%も(06/22)

反落、6カ月ぶり低水準に=香港株式(06/22)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(06/22)

おにぎりの華御結、2年後に香港200店へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン