• 印刷する

小野薬品の「オプジーボ」、新効能が承認

小野薬品工業(大阪市)は26日、がん免疫薬「オプジーボ」の、進行中または再発した胃腺がん、食道胃接合部腺がんに対する効能・効果が韓国で新たに承認されたと発表した。

胃がんは、胃粘膜上皮から発生するがんであり、韓国での年間発症者数は約3万人と推定される。韓国食品医薬品安全処は今回、2レジメン(抗がん剤を実際投与する場合の計画書)以上の化学療法後の効能・効果を認めた。

オプジーボはまた、悪性リンパ腫の一種「ホジキンリンパ腫」に対する適応拡大も認められた。韓国でのホジキンリンパ腫の発症者数は年間280人という。

小野薬品工業の韓国子会社が、オプジーボがより適正に使用されるように、安全性および有効性に関する臨床データを集積し、同剤の適正使用に向けた必要な措置を講じる。販売は、米製薬ブリストル・マイヤーズ・スクイブの韓国子会社と共同で行う。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテケミカル、トルコ大理石企業買収(01/18)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

経済団体と政府が懇談、最低賃金など意見交換(01/18)

財閥の「雇用世襲」廃止の動き、批判沸騰で(01/18)

産業銀行、構造調整担当の子会社設立へ(01/18)

データ・AI分野を育成、活性化計画発表(01/18)

現代自が米国で17万台リコールか=ロイター(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン