プラスチック包装材の物品税、実施遅れも

インドネシア国内で使用されるプラスチック包装材に対する物品税の導入時期が、またしてもずれ込む見通しが高まっている。財務省は早期の導入を目指しているが、国会審議が早急に開始されなければ先送りになる可能性もある。先月時点で、政府は今年7月の実施を目指すとしていた。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都政府、デルタ株売却で1兆ルピア調達も(19:53)

1~4月の鉄鋼輸入急増、米輸入制限影響か(19:54)

天然ガスにも国内供給義務制度を導入へ(19:54)

中銀が金利4.50%に引き上げ 3年半ぶり、景気と両にらみに(05/18)

民間主導の首都LRT、中韓7社が参入関心(05/18)

政府、4年ぶりに物流コストを詳細に算出(05/18)

SBI、金融商品比較サイト運営会社に出資(05/18)

大祭前後、貨物トラックの通行規制を実施(05/18)

中ジャワ南部でソロ・エクスプレス運行開始(05/18)

【アジア業界地図】二輪車編(主要市場 鈍化やマイナス成長も)(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン