• 印刷する

《日系進出》ツガミが安徽に新会社、鋳物など生産

ツガミは22日、浙江省に置く連結子会社の津上精密機床(浙江)が、安徽省馬鞍山市のハイテク産業団地・博望高新区に全額出資の新会社を設立し、この新会社が工場を建設すると発表した。鋳物と工作機械の完成機を生産するこの工場は、2020年初めに生産を始める予定だ。

設立する新会社は安徽津上精密機床で、資本金は5,000万元(約8億2,900万円)。5月までに博望高新区と契約を締結して設立し、6~8月に工場を着工する予定となっている。投資額は約2億元。うち約1億1,000万元を土地関連と建屋の建設、約8,500万元を設備導入、約500万元を運転資金などにそれぞれ充てる。

工場の工期は約18カ月を見込んでおり、19年末に完工予定。年産能力は鋳物が1万8,000トン、完成機の組み立てが1,200台という。

ツガミの広報担当者の話では、同社は高成長している中国の工作機械市場がいずれは調整局面に入るものの、その後は再び需要拡大の局面が来ると予測。これに備えて新会社設立と新工場建設を決めた。なお新工場も中国の既存工場と同じく、全世界向けに製品を出荷するという。


関連国・地域: 中国-安徽日本
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

テイクオフ:「いまの治安についてど…(10/16)

消費拡大で各方面へ号令 政府が3年計画、車・環境など(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

ラビダが11カ月連続首位、9月のセダン販売(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

中央企業売上高、1~9月は11%増の21兆元(10/16)

日米のヨウ化水素酸、AD措置を正式決定(10/16)

産業用PC各社、台湾生産強化へ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン