• 印刷する

テイクオフ:オージーの知人から直径…

オージーの知人から直径20センチ程のクリスマス・プディングを頂いた。1人で食べるには大きすぎたので職場でシェアすることにしたが、日本人の同僚には甘すぎるようで、なかなか減らない。

甘さの感覚は不思議なもので、オーストラリアのスイーツが日本人にとって甘すぎる一方、肉じゃがやちらしずしはオージーには甘すぎるらしい。

仲良くなったオージーから日本の家庭料理が食べたいとよく言われるので、今まで肉じゃがやちらしずしを振る舞ったことはあるが、反応はいまいちだ。炊いたコメに砂糖を入れてすし飯を作る様子を見て衝撃を受けていた人もいるし、どらやきが嫌いという人にもたくさん会った。お互いの伝統食を甘すぎると言い合っているわけだが、科学的に分析すれば入っている砂糖の割合は一緒なのでは、と思ったりもする。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅から40分ほど車を…(08/17)

豪7月失業率、6年来で最低 フルタイム雇用拡大が貢献(08/17)

豪政府事業の入札、納税記録の提出義務付け(08/17)

新エネ政策、支持保留の州政府間で意見分裂(08/17)

英BP、豪で太陽光発電やEV充電事業計画(08/17)

SA州に太陽光発電所、リバティ会長が計画(08/17)

豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機(08/17)

〔ポッサムのつぶやき〕巨大動物の化石を3Dに、BHPが協力(08/17)

VIC労働党、豪最大の公共交通開発を公約(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン