本土企業の香港物件投資が減速か、新規制で

中国本土企業の海外投資に対する新たな管理規定が今月から施行されたことを受け、本土デベロッパーによる香港物件への多額の投資がいったん落ち着くとの見方が出ている。21日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。 中国国家発展改革委員会(発改委)は昨年12月、「企業海…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

深セン前海地区の拡大表明 市長、香港との協力深化に期待も(01/23)

投資署、18年に外資436社の香港進出を支援(01/23)

18年12月のCPI上昇率2.5%、0.1P縮小(01/23)

18年12月のオフィス空室率、0.1P拡大(01/23)

18年の新築平均価格約2億円、過去最高に(01/23)

住宅購入に年収21年分、9年連続の世界一に(01/23)

反落、中国A株安に追随=香港株式(01/23)

国泰君安が香港で増員、資産管理業務強化(01/23)

「医療・健康」本土銘柄指数を発表、恒生公司(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン