• 印刷する

小型車の輸入関税、4月から10%に引き下げ

ミャンマー連邦議会は20日、小型車の輸入関税引き下げを含む連邦税法案を可決した。地元紙の報道によると、関税低減の対象となるのは排気量2000cc以下の小型車で、政府提案の20%から法案委員会が提案した10%に引き下げる。4月からの適用となる。

連邦議会の合同法案委員会は20日の議会で、2018年度(18年4月~19年3月)連邦税法案に関する報告書を提出した。同報告書には小型車の輸入関税引き下げ案を含む変更案が盛り込まれており、同案については全会一致で承認されたもようだ。

排気量1501~2000ccのワゴン車やセダン、クーペ(二人乗り四輪自動車)などの小型車(4ドアのピックアップトラックは対象外)の輸入には10%の関税が適用される。

排気量2001~4000ccと4001cc以上の自動車の輸入については、政府の提案通り、それぞれ30%と50%の関税を課すとした。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーに記者釈放訴え、米下院が決議採択(17:32)

18年の成長率予測引き下げ 世銀、難民問題に大きな懸念(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

三菱商事合弁、ヤンゴンでいすゞ販売店開所(12/14)

米、緬を宗教の自由懸念の10カ国に指定(12/14)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(12/14)

ヤンゴン政府、一部郡区でのバイク容認検討(12/14)

汚職防止委、ヤンゴンなどに支所を開設へ(12/14)

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(12/14)

米ビザ、金融知識サイトのビルマ語版を開設(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン