有力紙ポストに税金問題 390万ドル課税も、廃刊は否定

カンボジアの有力紙プノンペン・ポストに税金問題が浮上している。租税総局(GDT)から約390万米ドル(約4億1,400万円)の追徴課税の支払いを求められたとされ、7月の総選挙を前に一部では政治的な意図を疑う見方も出ている。同紙はGDTと協議中で政治的な背景や廃刊の可能…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

財閥チップモンが複合開発 投資額1.5億ドル、米ホテル入居(01/16)

公共事業省、統合型物流拠点の設置検討(01/16)

サタパナ銀、クレジットカードの発行開始(01/16)

19年成長率は7.1%、AMRO予測(01/16)

中国企業に開発権、庁舎建設が条件(01/16)

シアヌークビル州に汚水浄化施設を整備へ(01/16)

主要3空港の旅客数、18年は1055万人(01/16)

国籍取得者への外交旅券、発給停止へ(01/16)

日本人商工会の伸び鈍化 18年時点、選挙・投資環境に課題(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン