• 印刷する

テイクオフ:インドネシアのアボカド…

インドネシアのアボカド。実は生産量が世界4位だ。居酒屋でマグロブツと一緒にワサビじょうゆであえてあるアレと比べると、濃厚さには欠けるものの、逆に色んな味とマッチしやすいので、アボカド入りコーヒーやスムージーとしてあちこちで食べられている。

という知識をガイドブックで得たものの、「アボカド」と「デザート」が頭の中でつながらない。そこで、オフィス横にある屋台で一品挑戦してみることにした。ハードル低めにココナツの実とアボカドシェークを注文。飲んでみると、アボカド臭さはなく、あっさりとした甘みで飲みやすい。ココナツもさっぱりといいアクセントになっていた。

唯一の難点はビジュアル。白いココナツの実がのった緑のアボカドシェークは、ぱっと見がイカの切り身のワサビあえだった。次回はもう少し見栄えのいい品を注文しよう。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夜中に目が覚めた。コン…(10/22)

銀行の海外支店開設は低調 世界経済に不透明感、国内に注力(10/22)

地場ビントラコ、ベンツ商用車販売へ(10/22)

重機生産台数、1~9月は42%増(10/22)

首都の違法屋外広告取り締まり、強制撤去も(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

マツダ、MX―5の新モデル発表(10/22)

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/22)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン