• 印刷する

WeLab、仮想銀行のライセンス申請を検討

香港のフィンテック(ITを融合した金融サービス)企業WeLabが、仮想銀行(バーチャルバンク)のライセンス申請を検討している。龍沛智(サイモン・ロン)最高経営責任者(CEO)は、多くの支店を開設する必要がないことなどコスト的優位性があるとみている。明報が伝えた。

香港金融管理局(HKMA)は現在、仮想銀行の認可に向けた改正ガイドラインを作成中。先に公表された改正案では、仮想銀行のライセンス発給要件として、香港に登記する企業であることや資本金が3億HKドル(約40億円)以上であることなどを求めた。

龍CEOは、「仮想銀行を始めるための技術開発コストは高いものの、開発完了後の業務コストは比較的低い。支店開設の賃料や人件費に資金を投じるのであれば、われわれは技術へ投資をしたい」とコメント。まずは、政府の政策的支援があるか、顧客に付加価値のあるサービスを提供できるかなどを検討したいと述べた。

WeLabは2013年の設立で、香港ではオンライン融資プラットフォーム「WeLend」、本土ではモバイル融資プラットフォーム「我来貸(Wolaidai)」を展開。龍CEOによると、現在は企業提携を通じて東南アジア市場に進出することを検討している。顧客ターゲットは20~35歳という。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

英国とファンド相互承認、2500本販売可能に(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン