首都港新ターミナル、累計取扱量が大台達成

インドネシア運輸省海運局によると、2016年8月に運用を開始した首都ジャカルタのニュープリオク・コンテナ・ターミナル・ワン(NPCT1)で、コンテナ貨物の累計取扱量が100万TEU(20フィートコンテナ換算)を突破した。同ターミナルの貨物取扱能力は、年間150万TEU。 …

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸・倉庫雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教の断食明け大…(06/25)

過激派指導者に死刑判決 連続テロ首謀、刑の効果に疑問も(06/25)

4月の対外債務、前年比8%増加(06/25)

世銀、育成環境とインフラに6.5億米ドル(06/25)

タックスアローワンス、300業種に拡大へ(06/25)

3Qは生産増、政府の楽観視に製造業界二分(06/25)

インドへの電子ビザ、発給手数料を無料化(06/25)

フリーポート株の買収額、50億ドル以下に(06/25)

国営石油、来月から3キロ入りLPGを市販(06/25)

通信XOX、インドネシアに合弁会社設立(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン