• 印刷する

米マリオット、南部観光地に5つ星ホテル

米ホテル運営大手マリオット・インターナショナルの5つ星ホテルが、2022年1月までにリゾート地がある南部シアヌークビル州で開業する見通しだ。地場の不動産投資会社グランド・ライオン・グループと運営契約を交わした。クメール・タイムズ(電子版)が14日伝えた。

マリオットが手掛けるホテルブランドの一つ「ルメリディアン」で展開する。グランド・ライオンが開発する2億米ドル(約213億円)の複合施設ライオン・ドオールの一部になる見通し。ホテル建設は年内に着手する。

ホテルの客室数は888室で、屋上プールのほか、ラウンジやフィットネスセンターを設置する。タイの首都バンコクに拠点を置くタンデム・アーキテクツ2001が設計、JKYコンセプトが内装デザインを担当する。

シアヌークビル州観光局によると、州内のホテルは80軒以上で客室数は4,000室超。ゲストハウスは300軒以上あるが、近年の観光客の増加で宿泊施設が不足している。

マリオット・インターナショナルは17年、カンボジア国内では初となるホテルを観光都市シエムレアプで開業。首都プノンペンでは低価格ブランドのホテルを21年に開業する予定だ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

コッコンの探鉱大型投資、首相が却下(12/18)

消費者保護法、19年初めにも閣議承認(12/18)

地方開発銀、無農薬野菜農家に融資へ(12/18)

沿岸4州を観光開発、空港など整備(12/18)

生産性向上へ基本計画提案 国際機関APO、年5.2%引上げ(12/17)

日本郵便、国際eパケライトの取扱国拡大(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン