• 印刷する

財閥ロイヤル、62階建てビル建設へ

カンボジア地場財閥ロイヤル・グループ系のOTKロイヤル・ワンは11日、中国の建設会社、四川華西集団と共同で首都プノンペンに62階建て超高層ビル「ロイヤル・ワン」を建設する契約を結んだ。華商日報(電子版)などが伝えた。

建設地はモニボン通り沿いの交通警察跡地。投資額は1億5,000万米ドル(約160億円)で、敷地面積は約5,000平方メートル。今年9月に着工し、工期は3年を見込む。施工は華西集団傘下の四川省第三建築工程公司(華西三建)が担当する。

同ビルには、ロイヤル・グループの本社、5つ星ホテル、高級住宅、オフィス、商業施設が入居する。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米商議所、米政府に制裁強化の再考要請(15:42)

在タイ企業の生産分業後押し 三井住友銀、投資セミナー開催(09/18)

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

中国企業と覚書12件、8千万ドル規模(09/18)

中国ジンコ、太陽光市場への進出検討(09/18)

18年のGDP成長率7.2%、AMRO予測(09/18)

アクレダ銀、公共交通に2次元コード導入(09/18)

居住中国人は21万人、17年の2倍(09/18)

政府、シアヌークビル開発に戦略5本(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン