• 印刷する

金融派生商品の取引仲介、5社に免許

カンボジア証券取引委員会(SECC)は7日、金融派生商品(デリバティブ)の取引仲介免許を5社に付与することを承認した。手数料の引き下げなどで投資家が集まっていることから、認定業者を増やすことを決めた。

免許を取得したのは、ゴールデン・フォーチュン(カンボジア)セキュリティーズ、TFBグローバル・インベストメント、BICマーケット、ゴールデンFXリンク・キャピタル、ゴールデン・ウェルス・キャピタルの5社。最終的な承認を得るには、SECCの基準を満たしていることを証明する必要がある。

SECCによると、ネットワーク決済システムを持つ中央精算機関は現在4社。金融派生商品の取引仲介業者は今回の5社を含め、計16社に増加した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

特定技能の円滑運用へ覚書 日カンボジア、悪質業者を排除(03/27)

商業相、米企業に投資呼び掛け(03/27)

電力不足で便乗値上げ、政府が改善要請(03/27)

中銀、経済活性化へリエルの利用推進(03/27)

事故車再生工場を摘発、車両15台押収(03/27)

18年の保険総収入30%増、営業は20社(03/27)

中国との軍事演習が終了、過去最大規模(03/27)

EU制裁巡る調査に慎重意見 アディダス、発動なら生産移管も(03/26)

政府が民間企業から買電計画、電力不足対策(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン