1~2月の不動産販売額、トップは碧桂園

いずれも広東省に本拠を構えるデベロッパー大手3社、碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)、中国恒大集団(チャイナ・エバーグランド・グループ)、万科企業の1~2月の不動産販売額が6日に出そろった。トップは碧桂園で、1,238億4,000万元(約2兆700億円)だ…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

本土火鍋チェーンの海底撈、香港で上場申請(13:27)

不動産市場支える中国資金、コリアーズ(19:01)

米モロコシへの貿易救済措置、1カ月で中止(11:35)

ネットと通信の利用拡大へ、政府が年度指針(11:35)

黒牛食品、河北のAMOLEDラインを稼働(05/18)

テイクオフ:「ミンスク」と聞いて思…(05/18)

微信スタンプで4.5億DL 日本の新興企業、派生ビジネスも(05/18)

鉄鋼企業の低排出化を推進 20年までに生産量4.8億トン分改造(05/18)

小米のカメラ部門新設、大立光電などに恩恵(05/18)

外資企業の設立手続き、6月末から簡略化(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン