テイクオフ:インドネシアでは昨年、…

インドネシアでは昨年、自殺した韓国人アイドルの後を追って、ファンが自殺未遂を起こす事件があった。彼女はその後、「酔いがさめた」というようなことを話した。いきすぎたファン心理は、時に逸脱した行為に行き着くのかもしれない。

インドネシアの地方都市で、服飾店の女性店員が、私と目が合ったかと思うといきなり絶叫し始めた。女性はある韓国アイドルの熱狂的なファンで「あなたはそのアイドルに似ている」と言い張る。

彼女はアイドルの韓国人と、アイドルとはほど遠い顔立ちの、日本人の私との見分けがつかなかったようだ。だが残念ながら実際は似ても似つかず、隣にいた友人は笑い転げている。しかし女性は卒倒せんばかりの興奮で、その様子に周囲の人も驚いている。恥ずかしさを抑えて写真撮影に応じたが、いつ女性の「酔いがさめて」現実に戻るのか、気が気ではない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン